歯科検診で聞く謎の記号と数字。聞くに聞けない歯科用語

あらゆる角度から健康をサポートするANDELT施設より、歯科の神秘的な言語、特に歯科検診の際に聞く「1〜8番」「斜線」「c」「×」という記号と数字の謎について、カフェの香り豊かなコーヒーを片手に、そしてトレーニング後の爽快感を胸に秘めつつ解説します。

序章:歯科の世界へようこそ!

先生「1~7番斜線…8番×」って言ったとき、あなたはゲームか数学の授業に迷い込んだのかと思ったかもしれませんね。歯科特有のユニークな言語であり、歯医者さん歯科助手がお互いに知らない秘密のコードのようなものです。

第1章:数字の世界への扉

歯科用語での「1〜8番」とは、人間の口腔内を区分けしている番号です。
これは、歯を特定しやすくするために考案されました。
このシステムは、いわばトレーニングジムでそれぞれマシンが番号で区分けされているのと同じ理由からです。しかし、ここでのトレーニングは、あなたの口腔の健康です。

第2章:歯の国の地図

人間の口は、真ん中から奥歯を上下左右4つのエリアに分けられます。大人の場合、各エリアには通常8本の歯があり、これが「1〜8番」という数え方の由来です。

第3章:歯の秘密証

それでは、具体的に各数字が何を意味しているのか見てみましょう。
1・2番は前歯(切歯)
3番は犬歯(キバ)
4・5番は真ん中あたりに位置している小臼歯
6・7番はさらに奥に位置する大臼歯
8番は親知らず、かなり伝説の歯です。
この数字を使うことで、歯医者さんはあなたの口の中のどの歯について話しているのかを正確に示すことができます。

特に8番、その後親知らずには特別な注目が集まります。
この歯はよく「賢者の歯」と呼ばれ、なぜなら多くの人々が成人に達するころやがて現れるからです。
ですが現れた時の判断力が向上するわけではありません。
尚、この歯が出るのは賢明さよりも、抜歯の必要性の方が多いかもしれません。

第4章:記号の謎

続いて「斜線」「c」「×」について解読していきましょう。
斜線(/)は口腔内という荒波を無事に生き抜いている健康体
Cは数々の菌や糖の襲撃により傷ついてしまった歯。さらに1~4で細分化されていわれることも…
×は戦いに敗れ撤退せざるを得なかったか、引っ込み思案で歯ぐきというベールに隠れている歯をさします。

第5章:歯科医の冒険

ANDELTの歯科医たちは、この記号と数字のシステムを使って、あなたの口腔の地図をナビゲートします。
これは、いわばトレーニングジムでのパーソナルトレーナーがあなたの体の各部位に最適なエクササイズを決めようそして、カフェのバリスタが完璧なコーヒーブレンドを探しています。
歯科医は、各歯が健康であることを確認し、必要に応じて特定の治療を行います。

結章:歯の言語のマスターへ

ここANDELTでは、私たちはあなたの健康をトータルでサポートします。
そしてこの記事を読んでくださった今、あなたも歯科の世界に一歩踏み込みました。
次回歯科検診の際に秘密のコードが聞こえたとしても、それは暗号ではなく、精通している一人として、にっこり笑って帰っていただけるでしょう。
そして覚えておいてください、ANDELTでは、あなたの歯の健康も、トレーニングの成果も、そしてカフェでのひと時の楽しみも、全てが私の喜びです。

歯科医院・カフェ・ジムの共同施設「アンデルト」。心身ともに健康になること(Wellness)を目的とした施設です。 口腔環境を整え、体に良いものを食べ、適切な運動を行う。個別の目標に合わせたアプローチとコンディショニングを通して、一人ひとりの「なりたい自分」へ。自分らしく前向きに、自信をつけるサポートを行います。