歯科矯正を決定する前に考えたい6つのこと

歯科矯正治療を検討する際、自分に合った最適な方法を選択することが非常に重要です。個々の口の状態、治療への期待、生活スタイル、費用面など、さまざまな要素を考慮に入れる必要があります。今回は個人に合った歯科矯正方法を選択するための6つのことについて詳しく説明します。

①口の中の状態と事前治療の必要性

大前提として、歯科医師による詳細な診断が必要です。意外とここをスルーして矯正治療に進むケースを多く見かけます。口腔内の状態、特に噛み合わせのタイプや歯並びの問題の程度を把握することが重要です。軽度から中等度の歯並びの問題であればマウスピース矯正が適している場合がありますが、重度の不正咬合や複雑な症例の場合は従来型のブラケット矯正や舌側矯正が推奨されることがあります。矯正は装置が付くことで今の口の環境よりも複雑に変化するため、今よりもケアは難しくなります。正確に現状を把握し、自分に合った矯正選択ができるための準備をしましょう。矯正が終わって歯並びはきれいでもむし歯だらけで歯もぐらぐら…なんてことがあっては本末転倒です。

②矯正中の見た目への配慮

矯正治療中の見た目をどの程度気にするかは、治療方法の選択に大きく影響します。従来型の金属ブラケットは非常に効果的ですが、目立つため、大人の患者には抵抗感があるかもしれません。この点でセラミックブラケットやリンガルブラケット、マウスピース矯正は、より審美的に優れた選択肢と言えます。マウスピース矯正でもアタッチメントという透明な樹脂のような引っかかりを歯の面につけることが多いため、笑った時に見えたくないなど希望がある場合は歯科医師に相談する必要があります。

③治療期間と通院の頻度

治療期間は矯正方法によって異なり、この点も重要な選択基準です。一般的に、従来型のブラケット矯正は治療期間が長くなる傾向にありますが、マウスピース矯正の場合、症例にもよりますが治療期間が短いことが多いです。また、通院の頻度も治療法によって異なり、生活スタイルに合わせて選択する必要があります。多くは1カ月に1度程度の通院が多いですが、歯周病治療や虫歯治療を並行して行う場合などは通院回数も多くなります。

④費用

矯正治療の費用は無視できない要素です。全体の治療費用は矯正方法によって大きく異なり、舌側矯正やマウスピース矯正は従来型のブラケット矯正よりも高額になることが一般的です。治療費用に関しては、歯科医師との相談のもと、予算内で最適な治療法を選ぶことが重要です。アンデルト歯科・矯正歯科 渋谷道玄坂通の矯正価格はこちら

⑤生活スタイルへの影響

矯正装置の取り扱いやお手入れのしやすさ、食事の制限など、日常生活への影響も考慮に入れる必要があります。例えば、マウスピース矯正は取り外しが可能で、食事や歯磨きの際に便利ですが、装置を一日に20時間以上装着する必要があります。自己管理が難しい方には不向きかもしれません。

⑥歯科医師との相談

これらの要素を総合的に考慮し、信頼できる歯科医師と十分に相談することが重要です。歯科医師は、患者一人ひとりの口腔内の状態、ニーズ、生活スタイルを考慮して、最も適切な矯正治療法を提案してくれます。矯正終了後のアフターフォローも手厚いかも考慮する必要があります。せっかく高い金額を出して治してもフォローがなく後戻り…なんてことは珍しくありません。

個々の患者に最適な歯科矯正方法を選択することで、効果的かつ効率的に治療を進めることが可能となります。けして楽しいことばかりではない矯正生活、信頼できる歯科医師と二人三脚であれば治療完了まで気持ちよく走り切れるのではないでしょうか。

まとめ

歯科矯正治療は人生においても大きな決断となることは間違いありません。1~2年の矯正期間の中で納得のいく提案を信頼のできる歯科医師から受け、お互いに努力した先に明るい未来が待っているでしょう。そのためには事前準備、矯正中の過ごし方、矯正後のフォローがあるかなど十分な提案を受け、総合的に判断して決定しましょう。

★矯正無料相談(保険診療の歯科検診あり)のご予約はこちら

関連記事:矯正相談に行く前に知っておくべき3つのこと