コスパ良く歯を白くする方法

アンデルト歯科・矯正歯科 渋谷 道玄坂通 院長の山本千博です。

きれいな歯並び、白くきれいな歯。白い歯でありたくない人のほうが少ないのではないでしょうか。ですがホワイトニングと聞くと高いイメージや、具体的にどうすればいいかなど、歯医者さんに相談するまでではないし…という方も多いかもしれません。今回はホワイトニングの中でも医療ホワイトニングとセルフホワイトニングの違い、そしてコスパ良く白い歯を維持する方法について解説していきたいと思います。

方法の違い

セルフホワイトニング:

セルフホワイトニングは、市販のホワイトニング製品(歯磨き粉、ジェル、ストリップ、トレイなど)を使用して、自宅やサロンで歯を白くする方法です。一般的に、店舗やオンラインなどで基材を入手し、利用者自身が使用します。

医療ホワイトニング:

医療ホワイトニングは、歯科医院で歯科医師や歯科衛生士によって行われる専門的な歯の美白治療です。通常は、高濃度の過酸化水素ゲルを使用し、歯の表面に塗布した後、特殊な光やレーザーを照射することで活性化します。セルフホワイトニングよりも高い濃度のホワイトニング剤が使用されます。

効果の違い

セルフホワイトニング:

セルフホワイトニングは表面についた着色汚れのみに効果があります。歯に染み込んだ黄ばみにはほとんど効果がありません。そもそも汚れがついていない人に関してはあまり差がわかりにくいことも多く、漂白作用はありません。

医療ホワイトニング:

医療ホワイトニングは、薬効効果のあるホワイトニング剤と専門的な技術を用いて行われるため、効果的な結果が期待できます。重度の着色や黄ばみに対しても効果があり、比較的短時間で目に見える結果が得られることが一般的です。もともと歯の模様や人工物には効果がないため、歯のマニキュアや被せ物で対応することもあります。

安全性とリスクの違い

セルフホワイトニング:

セルフホワイトニング製品は効果が薄い分一般的に安全であり、適切に使用されれば副作用はほとんどありません。ただし、過剰な使用や誤った使用方法によって歯や歯肉に刺激や感受性が生じる場合があります。また、市販の製品には歯の表面を削る粒子が含まれている場合があり、長期間の使用によって歯のエナメル質が損傷するリスクがあります。

医療ホワイトニング:

医療ホワイトニングは、専門的な技術と高濃度の薬剤を使用するため、セルフホワイトニングよりもリスクが高い場合があります。過酸化水素ゲルやカーバミド過酸化物などの薬剤は、歯のエナメル質に一時的な感受性や過敏症を引き起こす可能性があります。また、過剰な照射や未経験の医療従事者による治療など、誤った使用方法によって歯や歯肉の損傷が生じるリスクもあります。さらに、医療ホワイトニングでは、適切な評価や予防措置が行われない場合、歯髄や神経組織への損傷や、歯の根の問題を引き起こす可能性もあります。

適用範囲の違い

セルフホワイトニング:

セルフホワイトニングは、主に軽度の歯の着色や黄ばみに対して行われます。市販の製品は、一般的に歯の表面の変色を改善するのに効果的ですが、歯の内部の変色や深刻な歯の問題には対処できません。

医療ホワイトニング:

医療ホワイトニングは、より広範囲な歯の変色や黄ばみに対応することができます。また、歯の内部まで効果的にホワイトニングすることができるため、より重度の変色や歯の色調の修正が可能です。歯の形や歯並びにも効果があり、審美的な観点からも優れた結果を提供することができます。

コストの違い

セルフホワイトニング:

セルフホワイトニング製品の価格は、一般的に医療ホワイトニングよりも低価格ですが、サロンで行うものに関しては通う必要があるため時間を取られます。自宅で使えるホワイトニング作用のある歯磨き粉を使用しても同じ効果が得られるため、時間と費用を節約するのであれば自宅でのケアがおすすめです。

医療ホワイトニング:

医療ホワイトニングは、専門的な治療であるため、一般的に高額な費用がかかります。価格は歯科医院や使用される技術や薬剤の種類によって異なりますが、2万円から5万円の医院が多いようです。

まとめ

美しく白い歯を手に入れる上でホワイトニングの種類と効能は十分に知る必要があるかと思います。サロンで行うセルフホワイトニングは安いように思われますが漂白作用はなく、歯自体の白さは取り戻せません。通い放題などで時間と費用を使うのであればステイン除去作用のある歯に優しいホワイトニング歯磨き粉で同様の効果を得ることができますので、コストパフォーマンスがよいと言えるでしょう。さらに歯を白くしたい方は歯科医院での医療ホワイトニングの提案を受け、自分の歯の状態や希望する結果に応じて適切なホワイトニング方法を選択する必要があります。歯科医師との相談を通じて、安全かつ効果的なホワイトニング治療を受けるようにしましょう!